シェアハウス(共有住宅):東京とその他の主要都市のお手頃な宿泊施設

1920 1080 Michaël da Silva Paternoster

シェアハウスに住む

東京とその他の主要都市のお手頃な宿泊施設

1万円割引

オークハウスと

東京または京都

の宿泊施設で

シェアハウスは東京やその他国内の主要都市の中では一番お手頃な賃貸住居です。大きなアパートメントや一戸建て住居を日本人や海外の人たちと共有する住居形態の一つです。

ここ日本では、各都市の人口が増えている中、快適でお値段がする部屋がどんどん主要となってきています。しかし幸運にも、シェアハウスを選べば、ここ日本でも経済的なお値段で静かな住居を楽しむことができるのです。もし日本国内での旅行や大学に行く、仕事を一ヶ月以上計画しているのであれば、家を借りるために経済的に苦しむといった心配はありません。

でも、シェアハウスについて何も知らないって?心配する必要はありません!ここでは私たちがシェアハウス探しの手段をお教えしていきます!

シェアハウスとは?

名前の通り、シェアハウスとは複数の人々が一戸建て住居や大きなアパートメントを共有することができる宿泊施設の一つです。そのアイデアはとてもシンプルで一つの部屋を借りることができ、浴室やトイレ、キッチンなどは他の居住者と共有するという形式です。

もしこのような生活に慣れていないのであれば、もしかするとプライバシーの趣旨が損なうのではないかと悩まされるかもしれません。しかし、シェアハウスはあなた自身の部屋を提供するので、無理に他の住居者たちと仲良くしないといけないという必要はありません。あなた自身の静かな時間を過ごすことができ、あなたの生活のスペースを気兼ねなく利用することができます。

その上、東京のみならず多くの日本の主要都市のシェアハウスでは様々な快適な設備や快事を提供するところもあります。同じ趣味を持った人々のために設計されたものもあり、このような特殊なシェアハウスは限られたコンセプトのもとでできています。例えば、スポーツの熱狂的なファンであろうと熱狂的な園芸家であろうとも、必ず望みを叶えてくれるようなシェアハウスが見つかるでしょう。

部屋の種類

シェアハウスは居住者に居住性を最大に生かせるような多くの選択肢を与えてくれます。もし東京や新しい都市について何も知らない場合や厳しい予算の中、日本で働かなければならない場合、予算のみならずあなたのニーズなどにも応じてくれるようないくつかの部屋のタイプを見つけることができるでしょう。紹介といて、下記の部屋の種類が選択肢としてあります。

Simple room in a share house

シングルルーム(個人部屋)

予算内で個人の私的な空間を楽しむことができるのがこの部屋の特徴で、もちろん一人でも又はカップルには理想的な部屋です。一人部屋をもつことができ、他の居住者とは他の一般的な場所を共有することができます。

Shared room in a share house

シェアルーム

お手頃な部屋のタイプの一つで、快適な生活スペースや十分な収納があり、かなり低い価格で住むことができます。シングルルームのようではなく、シェアルームでは二人かそれ以上の居住者と一つの部屋を共同利用します。

Semi-private room in a share house

セミシェアルーム

多様な居住者と共有しながらも、セミシェアルームではカーテンや仕切り等でベッド空間を区切り少しでもプライバシーを守ることができます。それに加え、シェアルームと同じようにお手頃な価格です。

Compartments in a share house

コンパートメント

コンパートメントは4人の居住者のための部屋で、限られた予算で探す人々には最適な部屋です。費用効率性や居住形態の面から観るとカプセルホテルのような部屋です。

Dormitory in a share house

ドミトリー

居住者4〜6人で共有する部屋のタイプで二段ベッドとセキュリティーボックスが完備されています。5つの部屋の中では、一般的に一番価格が低い部屋です。

役立つ情報:1万円割引

Nipponramaは、割引サービスを東京や京都内のオークハウスのシェアハウスやアパートメントで行っています。

共同利用スペース

このように備えられた部屋タイプに関わらず、全てのシェアハウスはキッチンや浴室、トイレなどの水回りのスペースと共有ラウンジやリビングが設備されています。快適で便利な他に、これらのスペースは居住者に社会的に活動できるような機会を与えてくれます。

それだけではなく、もし予算が許すのではあれば、高級感のある設備が備わったシェアハウスを見つけることもできます。東京や他の先進的な都市では図書館やシアタールーム、リハーサルスタジオ、プライベートバー、コワーキングスペース、そして銭湯などが設備されているシェアハウスもあります。また、共有の趣味を持った人々のための居住スペースなどもあります。

従って、部屋を選択する上で大事な2つのことは“予算と個人的な好み”といえるでしょう。ダンスが好きであろうと、読書好きであろうと、必ずあなたの要望に答えてくれるような部屋を見つけることができるでしょう。

シェアハウスの賃料について

快適さと便利さも求めつつ、お金を節約したい場合はぜひシェアハウスを予約してみてください。位置や駅までの距離、設備されているアメニティーやサービスによって各部屋のお値段はかなり変わってきますがたいていは他の賃貸住宅よりは安く、それに加えシェアハウスはあなただけの空間や基本的な設備が備わった空間を提供してくれます。

シェアハウスが人気の理由

シェアハウスに住むということはすでに日本でも浸透しており、外国人向けの宿泊施設のようにシェアハウスは長い期間で数名の住居者を収容できます。

シェアハウスの利点について

実際に経済的に優しいだけではなく、新しい都会で暮らすためには最も適した選択だと思います。でも、シェアハウスが自分にとって最適な選択肢は分からないって?そんなあなたに下記にてシェアハウスに住む上での有利な点をいくつか述べていきます。

簡単に交友関係を築くことができる

留学でも、日本での仕事でも、新しい街に移るということは大きな決断力で、慣れ親しんだ事や家族、友達からも離れることとなります。

しかし、シェアハウスでは部屋だけではなく社会的なつながりも与えてくれます。先ほども述べた様に全てのシェアハウスには共同利用するようなスペースがあり、社会的に活動できるような機会を与えてくれます。シェアハウスに住むことによって、新しい都を楽しみながら簡単に友達を作ることができます。

 日本語力・英語力を伸ばすことができる

初めて日本に来るのであれば、ネイティブの日本人と会話するというのは難しいでしょう。また日本人にとっても、日本に住んでいると、英語での会話はほとんどする機会がありません。しかし、外国人の場合、シェアハウスを選択することによって、地元の人々と交流ができ、日本語力を磨くことができるようになるでしょう。それだけではなく、日本人の住居者に英語を教えることもできます。また日本人の場合だと、シェアハウスに住む外国人居住者と交流することによって英語力を伸ばすことができます。こういったことから、外国人、日本人双方ともに有利な宿泊施設といえます。

 短い期間の滞在

2・3ヶ月の日本での滞在を計画している場合でも、シェアハウスは完璧な居住形態を提供することができます。ホテルやマンスリーアパートよりも安く、シェアハウスでは敷金や保証金を支払う必要はありません。その分のお金を節約することができるのです。

 高い宿泊施設

―共有すれば、節約できる―これはシェアハウスのスローガンのようになるでしょう。アパートのように鍵の交換代や礼金が必要になるのとは違い、シェアハウスではより簡単な支払いの仕組みとなっています。事実、多くのシェアハウスでは保証金や敷金などを支払う必要がありません。

マンスリーアパートでも、公共料金や維持費を引っ越しと同時に支払うことになります。高い賃料を支払う必要はもうありません。簡単で経済的にもやさしい賃料で新しい生活をスタートさせましょう。

家具付きの部屋

贅沢しないと日本では家具付きの家になんて引っ越せないって?もう一度考えてみてください!シェアハウスでは家具が全て用意されていていつでも入居できるようになっています。

家事の必要なし

もし面倒くさい家事などに飽き飽きしているのであれば、シェアハウスは最適の選択肢でしょう。共有住宅に住むことによって、家事をしないといけないという心配もなく自分の自由な時間を作ることができるようになるでしょう。自分の個人部屋は掃除することにはなるでしょうが、その他の家事は心配することはないでしょう。

 時間の短縮

新しい家に引っ越すために必要な書類の待ち時間や記入に飽き飽きしていませんか?シェアハウスを利用することによって、その時間を節約できます。他の居住施設とは違い、シェアハウスは日本の各都市にすぐに引越しが必要な人たちにも対応できます。

シェアハウスの不利な点

他の日本にある宿泊施設のように、シェアハウスに住む上で不利な点もいくつかあります。機転の利いた決断ができるように、下記にてシェアハウスに住むことによって直面するであることをいくつか述べていきます。

プライバシー

シェアハウスに住むということは何かしら妥協が必要になります。居住者を避けて生活する訳ではなくとも、プライバシーを守りながら住むことができます。しかし、他の居住者と住むことになれば時々他の居住者の会話が壁から聞こえてくることもあります。特に他の居住者が彼らの訪問者を招いたときなどは会話が聞こえてくることがあるでしょう。

シェアハウスのルール

全ての居住者にルールや規約などが設けられているように、シェアハウスでも同じです。もし、訪問者を二、三日招きたいときは、管理会社との問題を避けるために必ずシェアハウスの規約を確認しましょう。

整理整頓のできない同居人

シェアハウスに住むことによってあなたの選んだ部屋があなたの主な責任を置くところになるため、生活はよりシンプルになるでしょう。しかしながら、誰と一緒に住むか選ぶことができないため、色んなタイプの人々と関わっていけるような広い心を持つ必要があります。好きであろうが嫌いであろうが、他の居住者と一緒に主なスペースを共有していくことになります。

どのような人がシェアハウスに住んでいる?

シェアハウスは日本人、外国人どちらの住居人も受け入れているため、新しい人々に会って文化の壁を超えるための完璧な手段でもあります。ここ日本では、異なる年代の人々に合った何千ものの部屋が利用可能です。

住居者の性別

50%

Female

50%

Male

シェアハウスは一方の性別に特定した住居ではありません。しかし、もし住居者の男女の比率を表すとすると大体、半分半分で、東京や他の都市をみてみると、女性専用シェアハウスは人気です。それ故、もし、専用のシェアハウスに住むにしてもそうでなくとも、理想的な選択肢は必ず見つかります。

住居者の年齢

2%

10's

54%

20's

33%

30's

11%

40's and more

調査によると、大きな割合で二十代(54%)と三十代は(33%)シェアハウスに住むことを選んでいます。主な理由としては、費用の安さと新しい人々に会える機会があるからだと考えられます。一方で、四十代、五十代のシェアハウス居住者は新しい住居形態を好む人がシェアハウスに住んでいると見受けられます。

日本人と外国人

文化的感受性(カルチュアルセンシティビリティ)は人々の間にある隙間を埋めるだけでなく、人種や国籍の境界も乗り越えることができます。低い初期費用や月々の賃金とはまた別にシェアハウスに住むことによって人々は社会的な活動ができる機会やより深く人々と繋がることができます。

調査に基づくと、シェアハウスに住んでいる約60%の人々は日本人で、残りの居住者は旅行や留学、または居住するために訪れている外国人です。このような住居形態に住む人たちはだんだん多様化してきています。そしてより多くの人たちが異文化理解できるような場にもなっています。

追記として、外国人は新しい仲間を増やせるのみならず、日本人居住者との日常会話によって日本語をさらに取得することもできます。また、日本人は外国人と住むことによって英語力を培うこともできます。そのような点から、シェアハウスに住むということは対人関係を築く上でのスキルを育てることができるといえます。

居住者の職業

東京も含む日本の主要都市にあるシェアハウスは年齢や職業に関わらずほとんどの人々を歓迎してくれます。二十代三十代の中の多くは仕事をしているか学生として日本で勉強している人たちです。

詳細情報

費用が抑えられ、日本に住む学生や会社員には完璧な住居だといえます。しかし、他の住居形態と同じ様にシェアハウスも全ての人々に適したものではありません。

シングルマザー&シングルファザー

シェアハウスは全ての人々に向けた部屋でありながらも父子・母子家庭の方は他の住居を探さす必要があるかもしれません。大きな理由としては、子どもに適した施設がないということがあります。主要な日本のシェハウス会社の一つであるオークハウスは、幼稚園を併設したシェアハウスの建築を試みましたが、地方自治体は公共事業との衝突から逃れるために許可を拒否しました。

それに加え、一つの部屋で子どもを育てていくのは、父子・母子家庭には非常に厳しいため、もし日本へ移る計画をしているのであれば、あなたが働く又は勉強する都市のアパートメントに空きがあるかどうか調べておく必要があります。

ペットを飼っている人

ペットが可な住居は日本にもありますが、ほとんどの住居は犬や猫などを建物内で飼うのは許可されません。建物環境を維持する上での問題を最小限にするのとは別にシェアハウスのオーナーは他の住居者を考慮してシェアハウスでペットを飼うのは禁止としています。

旅行者や出張者

もしあなたが旅行先で二、三日のみ滞在を計画しているのであれば、シェアハウスではなく、ホステルや他の価格の低い宿泊施設を探すほうが良いでしょう。なぜなら、シェアハウスでは月々の支払いが必須になるからです。もし、更に日本を探索したいのであれば、キャンピングカーなどを借りるのもいいかもしれません。


Photo made by Bastien Mosur and Oakhouse.

Michaël da Silva Paternoster

2016年以来、日本に住むフランス人です。私は、いくつかの日本と外国の会社のマーケティングマネージャーとコンサルタントとして働いています。

All stories by : Michaël da Silva Paternoster

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください